wordpress:テーマを初めて自作した時に知っておきたかったこと

wordpress

対象読者

phpの基本を理解していること
wordpressをすでに使っていること
自分でテーマを作って使いたい人

初学者による実際の体験からの内容なので高度なこと、深く掘り下げることはしない。

あるとよいもの

ローカル環境におけるテスト環境

必須のファイル構成は?

大体このようになる

your_theme
├── functions.php
├── index.php
└── style.css

下記のファイルは同じ内容を使いまわすために分離しているもので
必須ではない。

├── footer.php
├── header.php
├── sidebar.php

それぞれのファイルについて

function.php

機能の追加などを行うファイル。
他ファイルから読み込むが最初はこれだけでよい
このファイルに関しては[?>]は不要である

<?php

index.php

wordpressは投稿をsingle.php、固定ページをpage.phpで表示しようとするが
存在していなかった場合、最終的にindex.phpで表示する
こちらの画像が非常にわかりやすかったのでリンクを張っておく。

wordpress テンプレート階層:外観図

左が要求されたファイルであり、存在しなかった場合に次に検索するファイルが右のファイルである。
これからわかるように何もなければindex.phpで表示しようとするのでサイトのデザインを最初に作る分にはindex.phpを書けばそれらしくなる。

htmlは大体下記のようになります。
headerやfooterを書くことによってもっとスマートなコードになります
style.cssと合わせて気に入ったthemeを参考にすることをお勧めします

<!DOCTYPE html>
<html <?php language_attributes(); ?>>
    <head>
        <meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
        <!-- theme/css -->
        <link rel='stylesheet'  href='<?php bloginfo('stylesheet_url') ?>' type='text/css' media='all' />
    <?php 
        echo '<title>';
        bloginfo('name');
        echo '</title>';
    ?>

        <?php wp_head(); ?>
        </head>
        <body <?php body_class(); ?>>
            <div id='page'>
                <header id="site-header">
                    <div id="logo">
                        <a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>"><?php bloginfo( 'name' ) ?></a>
                    </div><!-- logo -->
                </header><!-- #masthead -->
                <div id='content'>
                    <section id="main">
                        <main>
                        <?php
                            if ( have_posts() ) {
                                while ( have_posts() ) {
                                    the_post();
                                    echo '<article>';
                                    echo '<header>';
                                    echo '<a href="' . get_permalink() . '">';
                                    echo '<h1>';
                                    the_title();
                                    echo '</h1>';
                                    echo '</a>';
                                    echo '</header>';

                                    the_content('続きを読む');
                                    echo '</article>';
                                }
                            }
                            /* pagenation(); */
                        ?>
                        </main>
                    </section><!-- #main -->
                    <?php
                        /* get_sidebar(); */ 
                    ?>
                </div><!-- #content -->
            </div><!-- #page -->
        <footer id="site-footer">
            <div>
                <span class="it-link"><a>mine</a>
            </div><!-- .site-info -->
        </footer><!-- #colophon -->
        <?php wp_footer(); ?>
    </body>
</html>

投稿を表示する場合はその投稿のみ表示されますが
複数投稿が表示されるサイトトップ(用意されていない場合)やカテゴリ・アーカイブなどを表示する場合には
設定->表示設定->一ページに表示する最大投稿数
こちらの設定数が表示されます。
theme_example3.png
この数字以上の投稿は表示されません。
上記のコードやWordPressCodexなどに書かれている参考コードでは下記のようなページネーション機能は実装されません。
theme_example4.png
この機能追加はfunction.phpから行うことができます。
機能の実装はこちらを参考にどうぞ
WordPress:ページネーションを実装する — 異風堂々
上記サイトにて機能を追加後、コメントアウトを外すことによって機能を使用できます。

#before
/* pagenation(); */
#after
pagenation();

サイト構築の順序としては

  1. index.phpを書く
  2. style.cssを書く(後述)
  3. page.phpやsingle.phpを書くために共通して使うパーツを書く
    • function.php
    • header.php
    • footer.php
    • sidebar.phpなど
  4. page.php・single.phpを書く
  5. category.phpやarchive.phpを書く..といった形で広げてゆけばよい

style.css

index.phpから出力されるhtmlテキストを装飾する。
themeの情報もここに記述する
他にも記載できる内容(ライセンス情報など)はありますが
あくまで自分で使うための最小構成としての内容なので省略させていただきます

/*
Theme Name: AA_Test_Theme
Author: ambergon
Author URI: https://ambergonslibrary.com/
Version: 2.0.1
Text Domain: AA_Test_Theme
Description: sampleを作成しよう
*/

/* cssによる装飾をお好きなように */
h2{
    font-weight: bold;
    font-family: 'Open Sans', Tahoma, Arial;

    padding: 0.4em 0.5em;
    color: #494949;
    background: #f4f4f4;
    border-left: solid 5px #7db4e6;
    border-bottom: solid 3px #d7d7d7;
}

実際に表示される内容
theme_example.png

local環境にInstallしてみる

下記のファイルをzipに圧縮する

your_theme
├── functions.php
├── index.php
└── style.css

管理画面->テーマ->新規追加->テーマのアップロード
こちらにドラッグ&ドロップ
theme_example2.png

他のファイルなどあれこれ

screenshot.png

install後に選択画面で表示される画像
screenshot_demo.png

ない場合はこのように表示される
screenshot_demo_2.png

sidebar.php

サイドバーを実装します。
これがない場合はwidget機能を利用できません
サイドバーに対応していない場合
sidebar_test.png

サイドバーに対応している場合
sidebar_test2.png
導入するにはこちらのリンクの内容を実装後コメントアウトします
wordpress:サイドバーを実装する — 異風堂々

#コメントアウト
get_sidebar();